?ゲームのこと・日常生活のこと?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストレスに強くなる秘訣!?
2006年06月11日 (日) | 編集 |
全国7771人の妻から回答を得た調査で、「夫は仕事、妻は家庭」という性別役割分業に賛成する人は41.1%と半数を割り込み、5年前の前回調査より11.2ポイント減少した。
一方で、「夫に家事、育児を期待していない」人は7.1ポイント増の28.8%で、夫との意識ギャップが逆に広がっていることをうかがわせる結果となった。(ある新聞記事の一部)


「夫は仕事、妻は家庭」
昔々、男は狩猟、女は家を守る。こんな時代から、この言葉は生まれたんだと思うけど、私自身もこうあるべきだと思っています。
しかし、社会の色々な変化によって、女性が(も)社会へ進出。これを悪いことだとは思いませんが、シングルならまだしも、育児との兼業をする女性にとっては、相当のストレスがかかる。
そこを男性に助けていただきたいと思うが、男性とて職場は戦場。疲れた身体(心?)を癒すために家庭があるはず。家にまで帰ってきて・・・と、誰しもが思う。
この問題は、お互いに気持ちの余裕がないと、永遠に続きますよね(苦笑)
育児を旦那様に手伝ってもらう・・・の、この「手伝い」
旦那様と奥様の基準が違うことにより、何をしても手伝いと認められない場合も多いかと(^^;
何をしても満足していただけないと嘆く旦那様も多いのでは?
何してもらっても、したうちに入らないと愚痴る奥様も多いかと。。。
私は子供がまだ小さい為、よく旦那が休みのときに、育児放棄というのをさせていただいていました。
一日子供と旦那と離れ、一人で過ごす。子供を誰かに託すのではなく、「旦那」に託すことで満足感が生まれるんですね。これで旦那が仕事の時は助けてもらえないので、これでストレスもきれいさっぱり洗い流せるもん♪とはいっても買い物など1人でゆっくりさせてもらうことぐらいですけどね?♪
先日、読んでいた雑誌に こんなことが書いてありました。
「ストレス耐性の強さの秘訣は、満足度のバランスにある。」
ストレスに強い人は、仕事だけではなく、人間関係・趣味なども充実しているのが特徴。よって大きなストレスがかかっても、バランスがとれているため、乗り切ることができるそうです。
この満足度のバランス6項目・・・
「仕事」・「健康」・「趣味・余暇」・「恋愛」・「友人・対人関係」・「経済」
6項目の各項目を、10点満点で計算します。各項目を数値化して、6つの点を線でつないでみてください。どんな六角形ができましたか?
全ての点数が5点以上で、バランスのよい六角形ができれば、ストレスに強いとされます。いびつな六角形ができてしまったら、点数が少ない部分(凹んだ部分)を充実させるように心がける。

今の生活に満足していますか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。