?ゲームのこと・日常生活のこと?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ
2006年06月23日 (金) | 編集 |
さてさて日本。
わずかな勝利を夢見て、王者ブラジルに挑んだわけですが、終わってみれば4?1。1点を先取した時点で、あのオーストラリア戦が頭をよぎりました(*゚‐゚)ぼぉー・・
「残り数分の油断」
日本の悪いトコが出ちゃったんですかね?(苦笑)
その日本の三都主選手。彼は純粋なブラジル人ですが、日本国籍を取得して、日本人としてチームに参加。
朝のニュースで、三都主選手の母親が、インタビューでこんな言葉を。。。
「自分たちはブラジル人だが、息子は日本人。」
なんとも複雑でしょうねぇ。。。
どこの国でも、どんなスポーツでも、外国籍のプレーヤーは多く、国際試合になると、(選ばれれば)自分の国に戻り、自分の国の代表として戦う選手は多い。
国籍喪失してまで、日本人として参加する利点。
様々な理由があるかと思いますが、その中の一つとして、母国ブラジルでは代表になれない(レベルが高い?)が、日本なら代表になれる可能性が高い。スポーツの世界では、そのことが理由で国籍を取得する人が少なくはないようです。

私の知り合いにも、剣道の国際大会に出場するために、アメリカ国籍を取得し(同時に日本国籍は喪失)、アメリカ人として大会に出場します。
彼女の理由が、まさに「日本人としての枠では出場できないが、アメリカ人としてなら」・・・これでした。
でも利点だけで、国籍を捨てられるものなんだろうか。。。
聞くところによると、三都主選手は、日本語も上手に話し、国歌斉唱は、誰よりも大きな声で歌うそうです。
高校の頃から日本いいるそうですが、そのくらいともなると、日本に対しての「自国心」も強いんでしょうかね?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。