?ゲームのこと・日常生活のこと?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月03日 (月) | 編集 |
子供が夜中に高熱を出し、夜間診療担当の病院へ自家用車で駆け込む。
年齢が小さければ小さいほどありがちな場面。
救急病院ですから、救急車が頻繁に到着し運び込まれる病人。急を要するから救急車で運ばれてくるわけで、当然優先される。
しかし、本当に急を要しているのか。この判断は誰がどの基準でするのか。
そう疑問に思う人は、少なくないようです。。。

「救急車が優先という誤った考え方」
医療現場では、確かに救急車で運ばれてきた人が最優先なんだそうです。
しかし、それをいいことに、毎回タクシー代わりに、救急車を呼ぶ「常連様」がいるとは(*゚‐゚)ぼぉー・・

特に新生児に関しては、少しのことで死に至る場合もあることから、ミタメでは確かに判断はできない。
たかだか熱。されど熱。それが自分の子供だとすれば、親にしてみれば、どんな症状であろうと、急を要している。
救急車に乗ってどこが悪いと思う。思うが、何か違う。。。

「救急車は無料」
利用者のモラルの低下が第一の問題ですが、全てはこれ(無料)がなせるワザ。
日本の交通事情等考えれば、自家用車で病院へ行くより「早い」かもしれない。
どれだけの救急車があるのかわかりませんが、たかだか(?)風邪ぐらいで乗られては、救急車が足りなくならないのかしら?
しかし利用すべき(?)病状の優先順位など、つけられるものではない。
ましてやその判断を救急隊員ができるわけもなく。。。
無料は、決して悪いことではないが、モラルの低下により、かえってそれがアダとなっている感じがした。
有料化もいいと思うが、これもこれで「乗るに乗れなくなる」という問題が発生する。
その「何を持って急を要するかの判断(優先順位)」
これは確かにつけづらい。
その判断をする機能「トリアージ」というのがあるそうです。(横須賀市医師会より)
戦地や被災地等で活躍する機能で、(治療の)優先順位の判断時間は、30秒以内が目標なんだそうです。状況が状況なだけに、素早く的確な判断が必要とはいえ、30秒でわかるんですかね?(^^;
・・・とココまで書いて思った。
現状の場合、救急車はタクシー代わりに使ったモン勝ち(ぉぃ・・;
正直者がばかをみる。
救急病院なのに、受付で名前を書くだけで待たされる不思議。待っている間に、体温すら測らず、声もかけてもらえなかった人もいるかと。。
医療側にしたら、毎日の業務の一部にしか過ぎないが、来院した者にしてみれば、死ぬ思いをして来ている場合もある。
わずかばかりの配慮で、不安から開放されることも。。。
医療側の緊急体制の見直し。利用者のモラル向上。
医療側と利用者双方の揚げ足の取り合いみたいだ(´ ▽`).。o○
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。